« 2006年6月11日 - 2006年6月17日 | トップページ | 2006年7月2日 - 2006年7月8日 »

2006年6月23日 (金)

中国出張記 その6

中国出張記その6~
とある玩具工場を訪問♪の巻

61
“期待できる工場がありますよ!”
との情報を元に車で約2時間を飛ばして、とある工場に視察に行ってまいりました~~
建物自体はずいぶんと古びた様子。なんでももう15年くらい稼動している工場、とのことでした。

62
外見とは裏腹に、工場内部はとてもきれいに掃除・整頓が行き届いておりました。さすがに長いことちゃんと仕事が出来ている工場は管理が行き届いています。経営がしっかりしている証拠ですねぇ~~コレは期待できるかも♪

63
エアブラシ工程~床もきれい、周りの整理整頓もとても高いレベルです。髪の毛が落ちないようにキャップを被っていますね。エアブラシブースでコレを徹底している工場って案外少ないんですよね。

64
エアブラシ工程ではみ出しなどがあったパーツを修正するセクション。黙々とひたすら修正。とても根気の要る作業です。

65
こ、これは!ケ○○軍○の体!?(笑)

66
工場掲示板に工員の模範的な身なりを示すマニュアルが貼られておりました。

67
コレはシルクスクリーンという技法。お子様腕時計の透明カバーに印刷を施しています。規則的かつ精密な手の動きに思わず見とれてしまいました☆
なかなかに熟練を要する作業です。

68
各フロアで実に様々な作業ラインが組まれていました。
ここではお子様用オモチャのネックレスを作っていました。

69
んん~~~きれいなラインだ。工場自体は古いだけど、とてもいい仕事場ですね。今までに30を下らない数の工場を視察してきましたが、それらと比較しても、
ここはかなり上位にランクされるべき工場です。

612 写真自主規制~
うわ~~!!おびただしい数のミッ○ー♪壮観です!

613_1 写真自主規制~
おしゃ○キャッ○のマ○―♪鈴との組み合わせがなんとも可愛い~~

610
筆で埃を掃っているところ。
ここでも塗装などの不具合が見つかると弾かれて修正に廻されてしまうのでした。
パッケージへの梱包前の大事な作業ですね。

611
さすがは15年あまりの実績を誇る工場のショールーム。実に多種多彩なアイテムを手がけているのが判りますね。マックスファクトリーが一時期お手伝いさせていただいていたバンプレストさんのプライズアイテムがずらりと並んでいてビックリ!!
ここへ僕が来るのは初めてですが、実はずいぶん前から(間接的ですが)関わっていたのですねぇ~(苦笑)
あ~しみじみ。

|

2006年6月19日 (月)

中国出張記 その5

51
出張3日目
●工場を警備する警備員さんの訓練風景。
ゲートでは私たちに最敬礼してくれる彼らです。
我ながら素晴らしいワンショットだと自画自賛☆

●さてさて、午後になり、工場の社長の車で外食。
「MAXさんに中国式の洗車を見せてあげましょう~」という話に。

52
ここがその洗車場。隣にはカー用品店が併設されておりました。
早速、その独特といわれる洗車プロセスを追って見て参りましょう♪

まずは・・・

53
54
55
①“ドヴァッシャ~”っと、こんな具合に、
高圧の水を車体に噴射し、ひたすら車体表面のホコリや砂などを取り去ります。

56
次に間髪いれず、どこからともなく別の作業員が現れ、石鹸泡を車体全面に吹き付けます。

57
スポンジですばやくこすり洗い。

58
もちろんルーフもこのとおりヒョイっと♪

59
一通りこすり洗いが終わったら、また高圧の水で石鹸泡を弾き飛ばします。

510
車は場所を移動し、最後の仕上げに。
大勢が寄ってたかって拭き掃除にかかります。隙間や合わせ目には圧搾空気を噴射して水滴を弾き飛ばします。

511
洗い立てピッカピカの車一丁上がり♪所要時間は約20分。この中国式手洗い洗車、お値段は10元(日本円で150円くらい)でございます~♪

つづく

|

« 2006年6月11日 - 2006年6月17日 | トップページ | 2006年7月2日 - 2006年7月8日 »