« 某お好み焼屋にて(その1) | トップページ | 香港からのお客さん »

2006年5月18日 (木)

某お好み焼屋にて(その2)

混ぜるのも焼くのもお客さん任せ。全てお客さんが好きにしていいんだよっていうのが、関東流ということなのだろうか。それはそれ、なんだろうけどね。
双月ではオヤジさんが焼き上がったのを確認したらさりげなく火を落としてくれていたんだよね。鉄板は熱いから焼き物は冷めない。けれど加熱はされないから焦げないのだよ。
その細かい心配りに今更ながら気がついてちょいとうれしくなったり。
お好みは大阪のモノ、なのだろうか・・・とか考えていたら、続いてひき肉もんじゃ登場~~!

Okonomi06
もんじゃは関東下町の食い物!だと思う。負けられないぞ!(苦笑)
見た目はフツウ。焼いて食す。

Okonomi07
家内の顔が一瞬曇る。
「?」怪訝な表情だ。
試しに一口。・・・乳臭い。(笑)
要するにひき肉がいただけないのだ。
ひき肉もんじゃでひき肉がイマイチだったらそりゃもう負け、ですよね。
と、まあそんなこんなな渡邊家、休日の夕食でした。

いわゆる粉モノ、お好み焼。
お世辞にも高級とはいえない食べ物。
だけど、いやだからこそ、そこには様々な試みがなされ、競われてきたB級グルメ。
ラーメン同様、きっと実は物凄い世界が広がっているのでは!?と。
これからはインド料理、カレーライス、ラーメンと合わせて、移動先で積極的にチャレンジしてみようと思います。ご当地自慢、お勧め情報など、ゼヒお寄せください♪
暇を見つけて行ってみます!
MAX渡辺

|

« 某お好み焼屋にて(その1) | トップページ | 香港からのお客さん »